栃木支部は創設者の支部長、薄井明準師範(六段・NY総本部で修行、日本人黒帯第1号)によって誠道空手が日本へ逆輸入された90年代初頭より栃木の地で活動し門下生に指導を続けており、矢板本部道場では支部長の直接指導が受けられます。

 

少年部

4歳から中学生まで約20名が在籍しており、空手の技術はもちろん気合・気迫・物事に挑戦する精神を指導しています。子供達は学年年齢問わず空手を通じて友達の輪が広がり、楽しく道場に通っています。


一般部

高校生・社会人がストレス解消・運動不足解消・体力作り・精神鍛錬・護身・自己研鑽・新しい趣味‥様々な目的をもって稽古に励んでおります。

一般部のみなさんが空手を始めた年齢は平均すると30歳後半です。


誠道空手は少しずつ無理なく学べるので、年齢に関係なく楽しく空手を続けて行くことができます。


矢板本部道場は少年部、一般部が共になって清々しい汗をながし、稽古後はコミュニケーションを取り合いアットホームな雰囲気に包まれています。

ご興味を持たれた方は是非お気軽に見学・お問い合わせください。おまちしております。